Loading
2012年02月12日

再生可能エネルギーの拡大により欧州の石炭価格は、南アフリカの価格よりも下がっている

ドイツのソーラーと風力の大規模なプログウラムはヨーロッパの石炭価格を、10ヶ月ぶりに南アフリカ以下に押し下げています。ヨーロッパ北西の石炭価格は南アフリカのチャーリーズベイ港からの供給より3.55ドル/トン安いです。
来月は2010年5月5日以来でもっとも大きい価格の下落があります。

欧州の弱い需要と、アジアがアフリカからの輸入を増やしているという相違は、今後も拡大し続けそうです。
「生産者はこれが地殻変動的変化なのかどうか彼ら自身に問いかけています。そして私はこの動きは今後もおそらく持続すると考えます。」
「欧州はアメリカ、コロンビア、ロシアから十分供給を受けていますが、需要は弱いままです。」
とondon Commodity BrokersのマネージャーBevan Jones氏は言いました。

代替エネルギーを増やしているため、欧州の石炭価格は今年7.5%下落しました。

ドイツは欧州大陸で一番大きい電力市場ですが、12月に3000MWという記録的なソーラーの導入がありました。

石炭の在庫はオランダにある最も大きい貯蔵庫で前年比6.7%増加しました。

アントワープ・ロッテルダム・アムステルダム(ARA)ハブの翌月受渡しの価格は101ドル/トンに減少し、2010年10月以来の低さです。
リチャーズベイ港からの供給は104.55/トンで今年ほとんど変化していません。
貨物輸送費を含む欧州の価格は2008年以来、平均8.57ドル/トン南アフリカの価格より高かったです。

12月のドイツの風力タービンからの発電は8TWh(テラワットアワー)に達しました。
ドイツでは2020年までに再生可能エネルギーを、去年の20%からすくなくとも35%にすることを計画しています。

1千MWでヨーロッパの家庭2百万軒をまかなう事が出来ます。

スペインではソーラーの発電量が去年46%増加し、風力発電は10月6日記録的に国の電力需要の60%を占めました。


平均より暖かい冬はソーラーと風力の発電量を増やし、石炭の在庫は多いままです。
欧州最大のドライバルクターミナルの運営者は2月6日ロッテルダムの石炭の在庫が320万トンあったといいました。

ドイツの石炭輸入は今年200万トン減少し、4千500万トンになるでしょう。
2011年の輸入は4千600万トンから4千700万トンで、8月の予想の4千900万トンより少ないです。

中国は世界の石炭の使用の約半分をしめ、燃料マーケットにますますの影響を与えるでしょう。

南アフリカの価格はオーストラリアと比較して20ヶ月でもっとも安く、アジアの中国の様な買い手へのアピールを強めている。
南アフリカのリチャーズベイ港の石炭の値引率はオーストラリアの主要輸出ターミナルのニューキャッスルと比べて、13.32ドル/トンに広がっています。

安い輸送量とタイトな供給が組み合わされたオーストラリアの高い石炭価格は、アジア太平洋の買い手がさらに遠くの代わりの資源を探すことを促進しています。
http://www.bloomberg.com/news/2012-02-09/europe-s-coal-falls-below-south-africa-s-on-renewable-boom-energy-markets.html

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: